潮流信号所の放送(海上保安庁)

大浜潮流信号所瀬戸内海には潮流が複雑な場所も多く、海難事故も多いようです。
そのため、下記の8箇所に潮流信号所が設置されており、電光掲示板をはじめ様々な方法で、通航する船舶に向けて注意を呼びかけています。

来島海峡:長瀬ノ鼻、大浜、中渡島、津島及び大角鼻
関門海峡:部埼、火の山下及び台場鼻

このうち、来島海峡の大浜は1665kHz、関門海峡の火の山下からは1625.5kHzで、ラジオ放送でも潮流情報を流しています。(出力は5W)。まあ、広い意味での気象放送だと思いますのでちょっとご紹介してみます。

残念ながら、当地(千葉)からは火の山下の放送は聞こえたことがありませんが、大浜のほうは毎夜きれいに受信できます。もちろん、この1665kHzという周波数は(当地では)東京マーチスや伊勢湾マーチスなどの強い信号と混信していますので、それらの放送の「切れ目」を狙わないと、静かに聴くことはできません。

放送内容は例えば下記のようなもので、2分間隔で、女声の合成音声で放送されています。

各局、各局、こちらは、おおはま。
海上保安庁が、来島海峡の、潮流の状況を、お知らせします。
中水道。ただいまは、南流が、3ノット。30分後には、南流が、2ノット、1時間後には、南流が、1ノット。
西水道。ただいまは、南流が、3ノット。30分後には、南流が、2ノット、1時間後には、南流が、2ノット。
大角鼻沖合。ただいまは、南流が、1ノット。30分後には、南流が1ノット、1時間後には、南流が、1ノット。
転流は、x時xx分。くりかえします。(上記繰り返し)
おわり。こちらは、おおはま。

HTML convert time: 0.304 sec. Powered by WordPress ME