VOLMET放送(気象庁)

灯台放送が船舶向けの気象通報であるのに対し、VOLMETとは、VOice Language METeorological reportのことで、航空用の気象通報です。

世界中数十箇所の送信地点から、世界の主要空港周辺の気象通報が英語で放送されています。日本にも茨城県の名崎(通信関係の聖地?)に送信所があり、東京VOLMETが「太平洋VOLMET」の一員として、成田・セントレア・関空・福岡、さらには韓国のインチョン空港の情報を放送しています。表題に気象庁、と書きましたが、もちろんこれは東京VOLMETの放送に関してだけのことです。

実際の放送はこんな感じです。:mp3(906KB)

私が聞いている周波数は2863kHzですが、6679,8828,13282などの短波のほうがメインのようです。太平洋VOLMETの仲間は、東京、ホノルル、香港、オークランドの4局で、東京は当然として、ホノルルも結構良く聞こえます。(香港は2863では放送していません) 詳しくは、 VOLMET放送(wikipedia)や、HF Volmet broadcastを参照してみてください。

HTML convert time: 0.299 sec. Powered by WordPress ME