(1)犬吠埼へのアクセス

以前訪れた南房総と違い、犬吠崎はクルマを使わなくても簡単に訪問することができそうだったので、4月のよく晴れたある日、早起きして電車に乗って出かけてみました。総武本線/成田線の終点の銚子駅まではJR、そこから銚子電鉄に乗り換えて犬吠駅で降りるという単純なルートです。

hi360057.JPG
銚子駅に着いたのが午前8時過ぎ。(早っ!)。どこで銚電に乗り換えるのかな・・・?と見渡すと驚いたことにJRのホームの中に銚電銚子駅がありました。駅といっても駅員がいる様子も無く、切符は電車に乗ってから買うというのどかなルールのようです。





chouden.jpg
電車がまたレトロなつくりで、床は板張り。もちろん1両編成。学生時代に時々使っていた京都の叡山電車(京福電鉄)を思い出してしまいました。とにかく車内で「弧廻(こまわり)手形」という切符を購入。銚子⇔犬吠の単純往復と同じ値段で銚電が1日乗り放題になる上、「ぬれ煎1枚進呈」など愉快な特典も付いています。




hi360061.JPG
犬吠駅から灯台までは徒歩で10分ほどの距離ですが、途中から太平洋が見えてきます。4月のうららかな日和の日だったのですが、波は非常に高く、5m以上の波が荒磯に打ち寄せていました。これでもし灯台が無かったら、座礁する船は数え切れないだろうなという感慨を抱いてしまいます。


hi360091.JPG
灯台が近くなるとまず目に入ってくるのは巨大なディファレンシャルGPSのアンテナです。(右のやつ)周波数295kHZ、出力75Wで、衛星からのGPS信号を補正した高精度の位置情報と気象情報を発信しているそうです。

(2)犬吠埼灯台にて

hi360068.JPG
灯台の内部は少々狭く、九十九里浜にちなんだらしい99段の階段を登るようになっています。20段ごとくらいに写真のようなメッセージが出現してくるのがご愛嬌です。






hi360073.JPG
頂上(というのかな)からの眺めは圧巻。太平洋の荒波が砕ける様子がよくわかります。左は隣接するレーマークビーコンの写真ですが、波のほうが印象的ですね。






hi360088.JPG
犬吠埼には有名な霧笛がありましたが、つい先日、3月31日付で廃止されてしまいました。98年もの歴史を誇る霧笛(霧信号所)でしたが、その役目を電波に譲ったようです。写真の手前の建物が旧霧笛舎です。






hi360079.JPG
また、犬吠埼灯台は、全国で15ヶ所ある参観灯台(内部を見学できる灯台)のひとつで、資料館も充実しています。初代の第1等閃光レンズの展示をはじめ、ヴェルニー、ブラントンに始まる日本の灯台の歴史を詳しく学ぶことができます。






hi360087.JPG
もう1つの見ものは「霧鐘」。用途は霧笛と同じですが、鐘をゴーンと鳴らして警報を発していたそうです。(風情がありますねー)。写真の霧鐘は明治10年に尻屋埼灯台に設置され、その後昭和12年まで北海道の葛登支岬灯台で使用されていたものだそうです。






hi360089.JPG
最後の写真はお約束の?中波送信アンテナ。灯台とレーマークビーコンの間に張られたロングワイヤが「こちらは いぬぼう」の船舶気象通報を送信しているアンテナのようです。

(3)地球の丸く見える丘と灯台キャベツ

銚電犬吠駅から灯台と反対方向に少し歩くと、愛宕山という小高い丘があり、『地球の丸く見える 丘展望館』という施設が建っています。

hi360097.JPG その名の通り、たしかに眺めは抜群です。犬吠埼灯台の上からの眺めも素晴らしかったとはいえ、 西の方向は愛宕山がさえぎっていたわけですが、ここからは正味360度、周囲を見渡すことができ、しかもそのほとんどが海、という、突出した半島ならではの風景を満喫できます。

写真は、灯台からは見えなかった屏風ヶ浦方面。風力発電施設がたくさん見えるのが印象的です。

hi360092.JPG
ここ愛宕山には、かつて有名な電波研究所があったところなのですが、今は廃止されてしまい、 周辺にNICT(独立行政法人情報通信研究機構)の「犬吠テストフィールド」に立てられた アンテナ群が当時の面影を留めているだけのようです。



hi360099.JPGhi360100.JPG
この丘の周辺はキャベツの産地のようで、一面、見渡すばかりのキャベツ畑です。ちょうど収穫の 時期だったようで、出荷直前の「灯台印キャベツ」を見ることができました。






hi360105.JPG
最後の写真はオマケ。銚子名物イワシカレーとサバカレーです。自宅に戻って早速食してみましたが、味のほうは、なんというか、ノーコメントであります(笑)。かつてはサバカレーパンというのも あったようなのですが、今はもう作っていないとのこと。昔サバカレーパンを売っていたという 信田缶詰直営の「Sardin Factory」で昼食をとりましたが、パンは無かったものの、「いわし蒲焼丼(500円)」と「さんまでまんま(\530)」は、掛け値なしに美味でした。

洋上管制:2932kHz

これはラジオ放送とは言わないと思いますし、さらには海外放送とは全く違いますが、そのうちカテゴリー分けますのでとりあえずここへ。

主として太平洋上を飛んでいる国際線の飛行機と、東京の管制センター(Tokyo Radio)との交信を聞くことができます。上記の周波数のほかHF帯のいくつかの周波数が使用されていますが、例によってウチのアンテナが中短波専用のため、専らこの周波数で聞いています。(夜間に限られますが)

「灯台放送」とはずいぶん離れた話題かもしれませんが、航空管制は、沖行く船ならぬ、空行く飛行機を相手にした、いわば現代の灯台みたいなものじゃないでしょうか。(こじつけか・・・・笑)

航空管制は、特に着陸時の進入管制などには緊迫感を伴いますが、洋上管制は秒単位でコントロールする必要が無いためか、ややのんびりとした会話が聞こえてきます。

詳しくはこちらのサイトなどを参照のこと ↓
http://www.kobiwa.net/atc/rdo.shtml

こんな感じで聞こえます。洋上管制サンプル(約1MB)

『プー・ポー』と聞こえるのが、いわゆるセルコールチェック。飛行機の1機ごとに付与された4文字のアルファベット(レジ番号とは違います)を使って、飛行機を識別して呼び出すための仕掛けです。

最初に交信しているのが「ジャイアント628便」ですが、ジャイアントとは、カーゴ専門のアトラス航空のこと。なぜジャイアントなのかというと、下記の画像をご覧いただくとわかります。(アトラス航空のページから勝手に持ってきています)
尾翼のマークが、『地球を支えるアトラス』(=巨人)になっていますね。ただ、パっと見ただけだとコンチネンタル航空のマークにも似てるかも。
atlas.jpg

パプアニューギニアの放送 Radio West New Britain 3325kHz

papua.jpgパプアニューギニアというのは、イマイチ、なじみのない国なのですが、太平洋戦争当時は激戦地帯だったそうです。

それはともかく、3MHz帯では、この国の国内放送が色々と受信できます。中でも日々安定して聞こえているのが3235kHzのRadio West New Britain。公用語は英語だそうですが、ちょっと英語には聞こえない(ピジン英語というやつかな?)言語で放送しています。

実際の放送はこんな感じです。(mp3:1.4MB)

毎日23時(日本時間)で放送終了しているようなのですが、終了直前のアナウンスとIS(Papua NewGuineaの国歌のようです)を録音してみました。なんだかNHKの終了アナウンスと君が代のようです。

普段は音楽番組が多いようですが、ドキュメンタリーあり、ラジオ劇ありと多彩です。

ABC(オーストラリア放送)ローカル局 2310kHzほか

abcmap.jpg 1年中を通して、夜間結構安定して聞こえるのがABC(オーストラリアのNHKのようなもの)の中短波放送です。オーストラリアにはいくつかの州があり、それぞれの州でFMや中波を使ってラジオ放送が盛んに行なわれていますが、左上の地図で示したNorthern Territory(北部準州)では、中短波での放送が3ヶ所から行なわれています。

3つの周波数のどれも、ちょっと遠くの日本の民放よりもきれいに受信できたりしますが、中でも一番強いのが2485kHzのKatherineからの放送です。たとえばこんな感じで(mp3:480kB)聞こえます。

ABCのサイトを見ますと、昼間はさらに高い短波放送で流しているようです。
細かな時間で分けず、「昼間」「夜間」という分け方が大ざっぱでいいですね。

Site       Day Frequency     Night Frequency
Roe Creek      4835kHz        2310kHz
Katherine       5025kHz        2485kHz
Tennant Creek   4910kHz        2325kHz

Roe Creekというのは、Alice Springsのことらしいです。

Radio Aap ki Dunyaa(VOA) 1539kHz

dsc_3796.jpgVOAのウルドゥ語放送といってよいのか、Aap Ki Dunyaa(Your World Radio)というラジオ放送が、明け方近くなると強力に入ってきます。実際の放送内容はこんな感じです。mp3:1MB

ウルドゥ語なので内容はちんぷんかんぷんですが、いかにも中東風の音楽がかかることが多く、異国情緒はたっぷりです。聴取ターゲットはもちろんパキスタン向けなんでしょうね。

この放送、UAE(アラブ首長国連邦)のDhabayyaというところにある800kwという強力な送信施設を使っているそうで、http://dgungadoo.blogspot.com/2006_10_01_archive.htmlというサイトに送信施設の写真があったので、ちょっと拝借してきたのが左上の写真です。まあ、なんといいますか、いくらでも大きなアンテナを作っても良さそうな土地ですね。(笑)

VOAのサイトを見ると、下記のスケジュールでの放送になっているようです。(2008.1)
0000-0100 UTC 972 1539
0100-0200 UTC 972 1539 7145 9740
0630-0700 UTC 15325 17685
1400-1500 UTC 972 1539 7495 9370
1500-1600 UTC 972 1539 7495 9705
1600-1700 UTC 972 1539 7495 9370
1700-1800 UTC 972 1539 7260 11500
1800-1900 UTC 972 1539 7405 7495
1900-2400 UTC 972 1539


メニューづくり(sidebar.php)の苦労

メインメニューを作るのにちょっとばかり苦労したので苦労話をメモ。

まず、メニューを折りたたみ式にしたかったのと、メニューの中にカテゴリーだけでなく、ページ部分も自由に入れられるようにしたかったので、list_cat関数を取り外し、手作りメニューに変更。サブメニュー部分の折りたたみは、親メニューをクリックするたびに子供メニューのdisplay属性をjavascriptで変更してやることで実現。(参考:au one netの講座

・・・と、ここまではau one netのおかげですんなり。
しかし、どこかのサブメニューをクリックして、例えば「北海道・東北」(の灯台放送)というサブカテゴリーを表示させると、ついさっきまで開いていたサブメニューは閉じている状態(初期状態)になってしまう。

初期状態でのdisplayを「none」か「block」かのどちらかに固定している以上、これは避けられない・・・・待てよ、「今、表示されているカテゴリー番号」を読み取って、当該のカテゴリーだけサブメニューが開くように制御できれば問題は解決するはず。

ただ、カテゴリーはたくさんあって、if文の山になりそうなので、カテゴリーを階層化し、親カテゴリーの番号を読み取って、その親の下にあるサブメニュー(サブカテゴリー)だけ開くことができれば少しはスマートかも。

で、探してみたところ、ありました。このサイト。ありがたやありがたや。 親メニューの1つ1つに、if文、今のところ合計7つを入れないといけない、やや見苦しい状況になってしまったが、とりあえず目的は達成。めでたし。

WWVH(時報局:2500kHz)

hawaii-wwvh.jpg アメリカの国立標準技術研究所(National Institute of Standards and Technology, NIST)と呼ばれる、数千人の科学者・技術者を擁する組織が運営している標準時報放送です。

コロラドにあるWWV、WWVB(長波)と並んで、WWVHはハワイ、カウアイ島から放送されています。カウアイの南西にkekahaという小さな町がありますが、その町からさらに北西、海岸沿いに数キロ離れたkokole pointという場所に送信施設があるようです。

表題の2500kHzだけでなく、5.000MHz、10.000MHz、15.000MHzでも放送されていますが、私の場合は主として灯台放送向けにしつらえたアンテナの関係で、2500kHzが良好に受信できます。ただ、BPM(中国の時報局)などとの混信は避けられません。

毎時29分と59分から、局名アナウンスが流れるのですが、最後が「Aloha」で締めくくられているのがなんともハワイらしい演出ですね。同じ時刻にBPMも局名を出しているのですが、BPMのほうはモールス信号によるB/P/M(-・・・/・--・/--)の繰り返しと、WWVHのアナウンスが終わった頃を見計らっての?局名アナウンスなので、混信は気になりません。

ハワイらしいといえば、左上のQSLカードは古代ポリネシアのダブルカヌーをデザインしたもので、西洋文化の入り込む以前のハワイでは、このような大型カヌーを使って、数千キロも離れたタヒチなどとの間に航路を開いていたということです。古代ハワイの絵画で有名な、Herb Kaneの絵にちょっと似ていますが、違うのかな?

問合せメールプラグイン(contact-form-7)の問題


このプラグイン、下の記事で、『pタグの自動生成を無理やり止めてしまったので、問合せ内容が見にくくなるだろう』、なんてことを書きましたが、無実でした。問合せ内容は、普通に改行コードが入っていれば、ちゃんと改行されて送られてきました。めでたし。

ところが、テスト用に受信してみたメールを見て面白いことに気が付いてしまいました。
例えば、zzzz@aaa.comというメールアドレスを持つAAAAさんが問合せメールを送ると、サイト管理者に届いたメールは、「サイト管理者からの転送メール」というかたちではなく、AAAAさんからサイト管理者宛に直接メールが届いたように表示されるのです。
言い換えると、送信元メールアドレスにzzzz@aaa.comがきちんと格納されてしまっているのです。

・・・・多くのかたはもう問題点にお気づきだと思いますが、この仕組みを悪用すると、SPAMメール(嫌がらせメール)が簡単に実現できてしまうのです。何しろ任意のメールアドレスで送信ができてしまうのですから。。。。いいのか?こんなことで。
次のページ »

HTML convert time: 0.409 sec. Powered by WordPress ME