DE1121というラジオ

de1121.jpg 別の記事で書いた「DE1103というラジオ」でご紹介したラジオと同じメーカーのラジオですが、このラジオには、ちょっと他のラジオでは味わえない面白さがあります。

まずは、何と言っても『MP3ラジカセ』であること。MP3部分は、画像のように取り外しも可能で、(お好みですが)MP3プレーヤーとしても単独使用が可能になっています。

次に面白いのがPCとの親和性。このMP3プレーヤー部、USBケーブルを使ってPCと接続することができます。録音したファイルのやりとりが主な用途ですが、FREQ.TXTという、制御ファイルを自由にいじることができるのです。このファイルを編集することで、周波数への見出し(例えば810kHzであればAFNとか)を簡単に設定することができ、それを画面に表示させることもできるのです。

DE1121には、中国語版と英語版があり、FREQ.TXTも英語版であれば英数字のみでの記述になりますが、中国語版のほうでは漢字も使えます。(ただし、簡体字:GB2312などで記述する必要があります)

日本の中波民放一覧(5kw以上のもののみ)を簡体字で登録したFREQ.TXTを作成してみましたので、よろしければお使い下さい。⇒対象を保存してください
↓ 日本の漢字と微妙に違っているのもちょっと味があります。
freqtxt.jpg

MWの周波数範囲ですが、9kHzモードでは1620kHzまで、10kHzモードだと1710kHzまでになりますので、灯台放送を聞くには10kHzモードに設定しておく必要があります。SONYのicf-m260と同じですね。ただしm-260と違って、どちらのモードでも1kHz単位での調整が可能です。

・・・このように、大変面白いラジオで、ラバーコーティングされたボディの手触りも良く、画面もわかりやすくて使いやすいです。DE1103のように、チューニングダイヤルがボリュームを兼用しているなんてこともありません。

ただ、DE1103と比較しますと性能面ではかなり見劣りがするのも事実です。総じてDE1103よりは感度が悪く、特にFMでは圧倒的に差が出ます。また、選択度もかなり甘いようです。MWではSSBが効きませんし、そもそも1711kHz~3MHzの間が受信範囲外です。外部アンテナ端子があるのですが、FMとSWについては問題ないものの、MWの場合はどうもうまく機能しません。内蔵バーアンテナもそのまま生きているようです。
また、9kHz/10kHzステップの切替はFREQ.TXTの編集でしかできないので、頻繁に切り替えたい方にはオススメできません。さらに、放送の録音がワンタッチでできるのは良いのですが、録音中は周波数の変更ができません。

・・・とまあ、山のような課題もあるラジオではあるのですが、音良し、デザイン良し。感度も、DE1103よりは劣るとはいえ充分高いレベルで、私はずいぶん気に入っています。やや強めの局の放送を「楽しんで聴く」には最適なラジオではないでしょうか。

以前、クック諸島というところにこのラジオを持って行ったことがあるのですが、トンガやタヒチなどの南太平洋の各局だけでなく、ブラジルや北米の中波放送も楽しむことができました。そのときの簡単な記録がこちらです。⇒南の島で聞くラジオ

遠方の局の受信方法

近隣の局(当地であれば八丈島、野島、犬吠埼など)の放送の受信には特にくふうはいりません。昼間でも受信できたりしますが、遠方の局(当地であれば宮古島など)の受信には少しくふうが必要です。灯台放送に限りませんが、ラジオで弱い電波の局を受信するときには5つの鉄則というのがあるようです。(私が勝手に5つの鉄則、と書いていますが、まあ、常識的なことかと思います)

(1)電離層と大気のご機嫌
中波で遠方の局を聞くには、大前提として、夜間に発生するD層といわれる電離層で中波の電波が反射されてくれないと話になりません。(昼間は近隣の局の「直接波」しか聞こえません)

ただ、この電離層は「均質一様」なものではなく、時間と共に変化するのはもちろん、太陽の活動状況や大気の具合によって大きく左右されます。ですので、アラスカの中波放送がクリアに入ってくるような日もあれば、北海道の放送さえ覚束ないという日もあります。

また、放送は聞こえているのに「バリバリッ」という空電が酷くて聞くに堪えないようなこともあります。ヘッドホンで聞いていて突然これをやられると耳が麻痺してしまいそうです。

これらについては基本は「運」ということになりますが、たまたまある日のある時刻に聞こえなかったからといってあきらめる必要はない、ということにもなります。日を変え、時刻を変え、また季節を変えて受信しているうちに結構いろんな局にめぐり合えるようです。

(2)受信ロケーション(受信環境)
  送信地の近くに住んでいるか、あるいは近くまで出かけていけば当然、弱い電波も強力に入ります。。。という屁理屈の話ではなく(もちろん地域は重要なファクターではありますが)、ラジオの置き場所、置き方が大変に重要なファクターであるという話です。まずは、電波を遮蔽するようなものが回りにないこと。次に、ノイズを発生するような電気製品が近くに無いこと。この2つを満たすような恵まれた環境であれば、あまり大したくふうをしなくても多くの局が聞こえます。

逆に、都心の鉄筋マンションの室内で、室内にはTVなど家電製品が山盛りといった環境では、灯台放送どころか地元の強力な民放でさえ受信が覚束ないことすらあります。そういう場合は、とりあえずはラジオを窓際に持っていく、ラジオの方向を変えてみて受信感度が最大となる方向をさがす、などが基本ですが、やはり外部アンテナを設置することが望ましいということになります。

(3)外部アンテナ
ラジオ単体の感度(内蔵アンテナによる感度)は、どんなに性能の良い高価なラジオでも限界があります。逆に安物のラジオでも、外部アンテナとつないでやることによって、感度は格段に向上します。とはいえ、感度はいくらでも高くできるというわけではなく、感度が「飽和」するほど強力なアンテナをつないでしまうと、ラジオのほうが混変調をきたしてしまい、例えば810kHzのAFNが1620kHzでも強力に聞こえ出す、などというようなことも起こるので注意が必要です。(混変調のことを、「お化け」ともいうようです)

ループアンテナ(からのピックアップ線)と接続する場合、ラジオに外部アンテナ端子があればそこにつなぐのが一般的でスマートですが、内蔵アンテナの回り、あるいは近くにピックアップ線を近づけたり離したりすることで、方法としては不細工ですが、簡単に感度の調整ができることもあります。

(4)ラジオ
ラジオは、当たり前ですが、1670.5kHzという灯台放送の周波数を受信できるスペックのものでないといけません。腕に自身のある人であれば、受信範囲が1620kHzくらいまでの「普通の」ラジオでも、バリコンのトリマーをいじって同調周波数範囲を変えてしまう、という荒業も使えるのかもしれませんが。。。

ラジオの選び方としては、感度は外部アンテナ次第でどうにでもなりますので、着目しないといけないのはもっぱら「選択度」ということになります。選択度の悪いラジオだと、東京周辺や名古屋周辺に住んでいる人には、灯台放送の周波数のすぐ近く、1665kHzに出ている東京マーチスや伊勢湾マーチスなどが混信してきます。

ただ、10万円以上もするような通信型受信機を揃えなくても、上記(1)~(3)までの条件が揃えば、1万円程度のラジオでも灯台放送を全局受信することは充分可能です。

(5)最後は、耳。
ノイズや混信が多い放送のなかから目的の放送を「聴き分ける」には、最後は自分の耳の力になります。灯台放送ではありませんが、VOLMETの気象放送や、伊勢湾マーチスなどの英語放送を聞くには「英語耳」の力も必要になります。

また、耳の力とはいえませんが、放送パターンや、灯台の固有名詞をあらかじめ知っておくことで、初めて聞いた人には「ヒシマ灯台」とか「イシマ灯台」にしか聞こえないアナウンスが、きちんと「見島灯台」と聞こえたりするから不思議です。

灯台放送を受信できるラジオ


灯台放送は、1670.5kHzという、通常のAM放送とは少し離れた周波数で放送されているので、普通に売られているラジオでは聞けないことのほうが多いです。(たいていのラジオはAMの受信周波数範囲は、~1620kHzとかになっています) しかし、いくつか灯台放送を聞くことができるラジオもありますので、簡単にそれらをご紹介してみます。

■SONYのAMワイド対応機と、ワールドバンドレシーバーなど
最近ではラジオ事業からはほとんど手を引いているようにも見えるSONYですが、腐っても鯛というか、普通に家電量販店で買えるラジオで、灯台放送を聴くことができるラジオを作っているのはSONYがメインのようです。ソニーのラジオ検索のページで、「AMワイド(1710kHzまで聞こえる)」で抽出すると、18件(要するに18種類のラジオ)がヒットします。また、「AMワイド」とは銘打ってはいないものの、「ワールドバンドレシーバー(短波がメインのラジオ)」に分類されている5機種ほどのラジオも、1700kHz付近をカバーしているようです。

また、Panasonicの通勤ラジオでも「RF-ND150」「RF-NT850R」という2機種だけは、1710kHzまでをカバーしているようです。

大ざっぱに言うと、日本で普通に買える、「灯台放送が聞けるラジオ」というのはこれらの25種類だけ(そのほとんどは通勤ラジオという小さなタイプなので感度はあまり良くないと思われます)ということにもなります。また、ほとんどの機種の価格は1万円以上で、ホームセンターなどで1,000円前後で売っているようなラジオに比べるとかなり高いですが、いちおう、その中で一番安いのが、下記のICF-M260という機種です。


■SONY ICF-M260
icfm260.jpg希望小売価格は5,775円となっていますが、だいたい4,000円前後で売られていることが多いようです。機能はシンプルで、結構「手に馴染む」ラジオで私は好きです。が、ちょっと問題なのは「選択度(近くの周波数の放送との混信を避ける力)」が少し弱く、当地(千葉)では、1665kHzで放送している「東京マーチス(海上交通センター)」が強力なために混信が避けられないことです。当地だけの問題かもしれないですが。
また、周波数はデジタルチューニングで便利なのですが、9kHzまたは10kHz単位での選択しかできませんので、例えば「1670kHzだと混信が強いので少しずらして1671kHzで聞いてみよう」というようなくふうはできません。


■ラジデン
docomo1.jpg日本で(世界で?)唯一、AMラジオの聞ける携帯電話として発売され(てい)た、ドコモのラジデン。これが実は1710kHzまで入るスグレモノで、携帯電話の契約をしなくても、ラジオとして利用可能だそうです。

文字通り携帯には便利そうですが、ここまでコンパクトだと、AM受信のためのバーアンテナもさぞかし小さくて性能はイマイチなのでは?とも思います。ただ、私は持っていませんので、お持ちのかたは、一度お試しあれ。


■中国製ラジオ
実は今、世界中で注目を集めているのが中国製のラジオです。昔は中国製のラジオというと「安かろう悪かろう」の典型で、性能はSONYなどの足元にも及びませんでしたが、今、WRTH(World Radio and Television Handbook)や、PWR(Passport to World-band Radio)という定番の年間誌を見ても、世界のラジオ市場は今や中国製品によって席捲されつつあるようです。SONYなどの日本メーカーがラジオに力を入れなくなったせいもあるのでしょうが、今の中国製ラジオの性能は驚くほど向上しているようです。まあ、価格も決して安くないですが。

日本では、ショップでお目にかかることはまずありませんが、例えばワールド無線などを通じて、通販で入手することが可能です。私の愛用しているラジオもdegen社のDE1103というラジオですが、これは別途詳しくご紹介してみます。

DE1103というラジオ

de1103.jpg
中国製のラジオで高性能のものはいくつかあるようですが、中でも有名なのがここでご紹介するdegen(德劲)社のDE1103というラジオです。(ワールド無線で9,800円。送料別)

「DE1103」でググると山のように記事がヒットすることからも、このラジオのユーザーが多いことがうかがえます。しかしなんといってもこのラジオを有名にしたのは、『例の裏技』かもしれません。(裏技を転載するのは気が引けますので、気になる人は『DE1103 裏技』とかでググってみてください。

とにかく、裏技を施すことによって、
(1)0kHz~30,000kHzまで連続受信が可能。
(2)中波でも内蔵バーアンテナを切り離して外部アンテナモードにすることが可能。
という、ちょっとした通信型受信機のような真似ができるのです。

もちろん、基本性能も良く、1665kHzの海上交通情報が1669kHzで聞いている灯台放送に混信したりすることもありません。音質もまあまあだし、RECOUT端子も付いています。別の項でご紹介しますが、FMの感度の良さも半端ではないようです。

強いて難点を挙げれば、デザインがイマイチ。(好みの問題でしょうけど)。大きな液晶ディスプレイに放送バンドがごちゃごちゃ表示されていますが、アナログラジオでは無いので、ほとんど無意味です。また、音量調節がチューニングダイヤルと同じ、というのは、ずいぶん長く使っている今でもやっぱり馴染めません。また、チューニングは「1kHz単位」なので細かい調整も可能ですが、逆に言えば1kHz単位でのチューニングしかできないので、例えば558kHzのラジオ関西を聞いたあと、1669kHzの灯台放送を聞こうなどと思うと、結構、指の運動になります。メモリを活用しないと、素のままではしんどいですね。

しかし、繰り返しますが性能は抜群で、このラジオとループアンテナの組合せで、全ての灯台放送が受信できたのはもちろん、『いろいろな気象放送』や、『中短波で聞く海外放送』でご紹介している放送など、実に色々な放送が受信できました。これだけの性能のラジオが1万円未満で売られているわけですから、ラジオ放送に興味がある人にとっては大変オススメであることは間違いないと思います。

4連ループアンテナ

a_antall.jpg
私はマンション住まいなので、ラジオの受信環境としてはあまりよろしくありません。おまけに室内には妙に家電製品が多くて、ノイズだらけ。特にプラズマテレビは最悪です。どうしても外部アンテナのお世話にならざるを得ません。

幸いマンションとはいえ1階で、気持ち程度に庭もあるので、そこにアンテナを立ててみることにしました。(右上の写真)私はアマチュア無線家ではなく、電気工学、電波工学系の知識も全く持ち合わせていないのですが、単純な共振回路で理解できるループアンテナなら自作できるような気がしたわけです。(まあ、ありがちな安易な発想だとは思いますが・・・・)

a_lines.jpga_connect.jpgアンテナ枠の素材を何にするか、どう固定するかなど、色々と日曜大工的な失敗を繰り返しながら、最終的に落ち着いたかたちが、表題の4連(4回巻きという意味ではありません)ループアンテナなのです。落ち着いたとはいえ、素人工作の悲しさ、ずいぶん不恰好で見苦しいですが・・・・

で、なぜ4連か?最初に作ったのは、もちろん1連(1つのLC回路)のシンプルなアンテナでした。狙いは灯台放送だったので、あまり同調範囲を広くする必要も無く、2回巻で充分同調できることがわかりました。(同調範囲は1400kHz~2600kHzくらいでした)。

アンテナ線には単芯の皮膜銅線を使っていたのですが、それまでも色々な失敗を繰り返していたおかげで、山のようにアンテナ線が余っていました。「処分するのも勿体無いな・・・、どうせだし、もう1つアンテナを作ろうか。ん?待てよ、2つ作って一緒につなげば感度も倍になったりして。」と、イージーに考え、まず作ったのは2連のアンテナ(それぞれ2回巻)でした。

ところが、驚いたことに、発想はイージーでしたが、明らかに1連のアンテナよりも感度が向上しているのです。さらに驚いたことには、同調範囲が1300kHz~3300kHzと、ぐーんとワイドになってるじゃありませんか。(なんで??)

setuzoku.gifこの発見?に気を良くして、アンテナを一気に4連とし、そのうちひとつは欲を出して低い周波数にも同調できるようにと、容量の大きなエアバリコンについないだ5回巻としてみた、というのが現在の姿なのです。
5回巻の部分を単独で実測してみると、同調範囲は440kHz~1030kHzくらいと、やたら低いほうに偏っているのですが、4つ全部つなぐと、440kHz~3400kHzくらいまで、各バリコンの調整次第で連続的に同調できるのです。アンテナ同士がピックアップコイルの部分も合わせて何か相互作用しているんだと思いますが、ほんとに、なぜなんでしょうね???接続図は右のとおりです。

a_vbox.jpgバリコンの調整には、右のようなバリコンボックスを作ってまとめてみました。灯台放送とその周辺だけであればあまり大きくバリコンの調整をすることはありませんが、周波数を大きくあちこちするような聞き方をするときは大変です。。。

とにかく、このアンテナのおかげで、灯台放送についていえば、「みやこじま」以外の28局は、程度の差こそあれ毎夜聞こえるようになりました。また、週に1度くらいは「みやこじま」も何とか、放送内容が聞き取れる程度に聞こえてくれます。(今が冬だからかもしれませんが)

しかし、調子に乗ってローテーターをつけたり、さらにモノのついでにとFMアンテナまで乗っけたりして、やたらと時間をお金を消費してしまいました。DE1103が4~5台買えたかもしれません。(笑)

ICF-2001Dというラジオ

2001d.jpg・・・・古い話題で恐縮です。(^^ゞ

今を去ること20年前にお蔵入りさせてしまっていたSONYのICF-2001Dというラジオをちょっとご紹介します。このラジオ、当時は大げさでなく世界的に有名なラジオで、当時としては画期的な同期検波回路を備え、エアバンドまで聞けるというスグレモノでした。もちろん灯台放送も受信できます。

20年ぶりにスイッチを入れてみたところ、入れた瞬間に「Error」と表示されます!げ。まあ、表示はすぐに消えてあとは普通に使えたのですが、長い間しまいこんであったので怒ったかな??

どうせなので、DE1103と聞き比べをしてみました。

—————–
まずは、中波での選択度の比較。(それぞれナローモードで)
当地千葉では、1134kHzの文化放送が大変強力で、その隣1143kHzのKBS京都はずいぶん影響を受け、安物のラジオだと完全に潰されてしまいます。結果は・・・

DE1103:番組(ANNをやっていた)は完全に聞き取れる。時折「ボゴボゴ」という混信がかかる程度。周波数を少しずらして1144kHzにすると混信はほぼゼロ。総合評価4。
ICF-2001D:聞こえないわけでは無いが、1144kHzにしてもクリアでは無い。総合評価3。。

—————–
次に、短波(とは言わないか)で、2863kHzのHonolulu-VOLMETを受信。(USB)

DE1103:強度3。ややノイズ混じり。内容は完全に聞き取れる。評価3。
ICF-2001D:全く同じ。評価3。

・・・同じアンテナにつないでいるし、混信があるような周波数でもないのであまり比較の意味はなかったかも。ただ、ICF-2001Dは「USB」ボタンがあるので、調整は一瞬で済むものの、DE1103のほうはSSBモードにした上で、自分でゼロビート点をさがさないといけないという手間がかかる。

—————–
ついでにFMでの比較。
安物ですが、3エレのFMアンテナをつないでの受信比較です。東京近郊のNack5とかFM-Fuji、FM-Yokohamaなどではどれも綺麗に聞こえて比較にならなかったので、江戸川エフエムというコミュニティ局(出力10W)での比較です。

DE1103:少しノイズはあるものの、音楽など聞き続けてもあまり苦にならない。評価:3.
ICF-2001D:ICF-2001D:聴けないことは無いが、ノイズがひどい。評価:2.

—————–
以上、簡単な(簡単すぎる?)比較ですが、DE1103の性能は結構秀逸なようです。もちろん、ICF-2001Dは老朽化でガタが来ているのでは?という疑いも隠せませんが・・・。

それに、もちろん、大前提が違うというか、ICF-2001Dのほうは、チューニングは0.1kHz単位で可能だし、wide/narrow/usb/Lsb/、そして同期検波も可能という、「短波放送受信」には非常に威力を発揮するラジオではあります。ただ、中波とFMを聞くというのであれば、今から中古のICF-2001Dなんか買うよりもDE1103のほうがオススメのようです。

面白ラジオ

2radio.jpg 先日、ヤフオクで入手した灯台放送の聞けるラジオです。それぞれ数百円でした。

左のラジオはfuze社の短波ラジオ。fuze社(日本の会社です)のサイトを見ると、今ではラジオは作っていないようですが、「FUZE ラジオ」で検索すると、お風呂ラジオとか真空管風のラジオとか、面白いラジオが結構出回っているようです。左下の写真で「AM」の周波数範囲に着目。なぜか1750kHzというワイドバンドになっています。

右側のラジオ、出品者によると香港製の古いラジオのようだということでしたが、BUSHというロゴ、放送局表示がヨーロッパばかりというところから考えると、どうやらイギリス、BUSH社製のラジオのようです。
このラジオ、LW(長波)+MW(中波)という2バンドラジオで、右下の写真をご覧いただくとわかるよう、周波数表示がありません。(波長表示)。
200meterが1500kHzですから、まあなんとなく1700kHzとかも入りそうな気がして落札しました。

どちらのラジオも、外部アンテナと接続してやると灯台放送はバッチリ受信できました。BUSH社製のほうは気持ちだけ、音も良いようです。ただ、1665kHzの東京マーチスの放送時間になると、弱い灯台放送は潰れてしまいます。

fuse.jpg bush.jpg

ELPA ER-21Tというラジオ

er21t.jpg 『灯台放送を聴けるラジオ』と言い切ってしまうと問題があるのですが、ちょっと面白いラジオなのでご紹介。

朝日電器という会社がELPAというブランドで普及型の電気製品を色々出しているのですが、その中のポケットラジオシリーズとしてER-21Tという『デジタルラジオ』があります。私は近所のサティで1,980円で買いましたが、定価は2500円くらいだったと思います。
なぜ、カッコつきのデジタルラジオかというと、確かに表示はデジタルなのですが、デジタルチューニングというわけではなく、アナログチューニングのデジタル表示、という理由です。

このラジオ、某掲示板でもそのコストパフォーマンスの良さが話題になっていましたが、実際、この価格帯のラジオとしては、選択度はかなり良いようです。タイマー機能も充実してるし。チューニングダイヤルがすぐ動いてチューニングしにくいという欠点もありますが、とにかく、このラジオのもう1つの特筆すべき特徴は、「可聴周波数範囲がいい加減」なのです。(笑)

その結果、カタログスペックでは中波:525~1610kHzとなっているものの、私の購入したものは1685kHzくらいまでチューニングでき、外部アンテナをつなぐと灯台放送もしっかり聞こえました。周波数の表示がずれているというわけではなく、実際、1670kHzと表示されるあたりで綺麗に聞こえます。

もちろん、個体差があるようで、全てのER-21Tで灯台放送が聴けるわけではないと思いますが、運がよければ2,000円ほどで灯台放送を聴くことができる、というお話でした。

HTML convert time: 0.404 sec. Powered by WordPress ME