ニッポン灯台紀行(岡克己)

oka01.jpg

和書で、ノンフィクションで、灯台にフォーカスした本というとこれまで古書を探すしかなかった中で、久しぶりに出た、いや、出てくれた灯台本です。2015年4月世界文化社刊。印刷は定評のある凸版。

前半の130ページ弱が全国100近い灯台のフルカラー写真集とその解説兼訪問記+アクセスガイドという体裁で、後半の50ページ弱に灯台にまつわる歴史やトリビアなどがわかりやすくまとめられています。

どの灯台の写真も思わず引き込まれるような美しさですが、それらはすべて写真家でもある著者が全国の灯台を渡り歩いて1つ1つ丹念に撮影したもの。いや、「丹念」というレベルではなく、途方もない労力の成果と言うべきでしょうか。

灯台というのはたいてい陸上からは到達しにくい場所にあり、全国各地の灯台を訪れるというだけでもかなりの努力を強いられます。この本のアクセスガイドにも「・・・下車、徒歩約1時間30分」などという記述が平然と並んでいます。氏の場合、現地に着き、灯台を撮影する構図をいろいろと試行するのはもちろんのこと、「灯台が美しく見える瞬間」までひたすら待つ、ということを繰り返されていたようです。

よく晴れた日の日中、青い海、緑の山と白い灯台というのももちろん美しい絵ではありますが、当然のことながら日中は灯台は光りません。かといって夜になってしまうと、灯台の写真を撮っても光しか写りません。いわゆる黄昏時、昼と夜との境界のとき、灯光と灯台が同時に美しく見える一瞬が切り取られてこの本に凝縮されているといえるかもしれません。

先日、たまたま氏とお会いする機会があったのですが、「灯台が点灯する瞬間」が好きだ、と仰っていました。なるほど。

この本の価格は1800円(税別)となっていますが、灯台好きの人にとっては安すぎる価格かもしれませんね。

HTML convert time: 0.302 sec. Powered by WordPress ME